宇部市・山陽小野田市・山口市の「このまち医療ガイド」

医療相談Q&A こんな症状には
どうすればいい?

先生に教えて欲しい様々な質問に、わたしたちの街のドクターが答えます!
サンデーうべ・ワイドで掲載中の「医療相談Q&A」「先生おしえて!!」の記事を掲載しています。

Q.

最近、少しですが下着に血液が付いていて、排尿後に拭いた紙にも付きます。痛みはありませんが、気になります。どうしてでしょうか?(76歳、女性)

A.

 まず、どこからの出血か?を確認しなければいけません。肛門や膣からなら痔核や直腸癌、子宮癌も考えられます。尿道からの出血の場合、いろいろ考えられますが、一般的に、良く見かけるものに尿道カルンクルがあります。中高年の女性の尿道の出口にできる痔や血豆の様なポリープ状の腫物で、慢性の炎症によりできやすいといわれています。小さいと痛みや症状はありませんが、感染などで炎症をおこすと大きくなり出血をします。これは、良性で、通常は薬などで改善します。小さくならなかったり、出血が止まりにくく繰り返す時には、手術で焼灼したり切除をします。なお、尿道脱、尿道癌、膀胱癌、外陰癌でも同様な症状になります。特に注意しなくてはならないのは癌で、尿道癌や膀胱癌であれば、早めに診断して、本格的に治療をする必要があります。まず、泌尿器科で診察して出血部位を確認し、尿道からでなく、肛門や膣・外陰部からの出血の場合は、外科や婦人科を紹介してもらいましょう。

(2021年01月16日 サンデー宇部・山陽小野田掲載)

いそやま泌尿器科クリニック院長
磯山 理一郎先生
いそやま泌尿器科クリニック 磯山先生

■プロフィル

昭和56年:熊本大学医学部卒業 山口大学医学部講師(泌尿器科)
平成2~12年:宇部興産中央病院(泌尿器科部長)
医学博士 日本泌尿器科学会専門医 日本透析医学会専門医

過去の相談