宇部市・山陽小野田市・山口市の「このまち医療ガイド」

医療相談Q&A こんな症状には
どうすればいい?

先生に教えて欲しい様々な質問に、わたしたちの街のドクターが答えます!
サンデーうべ・ワイドで掲載中の「医療相談Q&A」「先生おしえて!!」の記事を掲載しています。

Q.

以前に健診で血尿を指摘されて、検査したことがあり、その時は特に異常はなかったのでそのままにしていました。先日、目で見ても赤い尿が出ましたが、痛くも何ともありません。このままで良いでしょうか?(41歳、女性)

A.

血尿には、健診時に試験紙で見る「尿潜血」と、顕微鏡で赤血球を直接確認できる「顕微鏡的血尿」と、自分でも赤いと判る「肉眼的血尿」に分けられ後ろほど重症です。血尿の原因には良性から悪性(癌)までいろいろあります。検査で具体的に原因を説明できずに異常とされない場合や、例えば膀胱炎などの炎症や尿路結石があっても認められますが、検査の主目的はやはり尿路(腎臓・腎盂・尿管・膀胱・尿道)と前立腺(男性)の癌を早期に発見するためです。なぜなら癌は初めのうちは痛みなどの自覚症状は無く、しかも進行してしまうと治療がより困難になるからです。血尿は重要な手がかりです。大きさや部位(上部尿路など)により、病気(癌)は検査の仕方や一回だけの検査では判らないことがあります。今止まっていても肉眼的血尿は心配です。前回と状況が変わっているかもしれません。医療も日進月歩です。放置せずに、診察・検査を専門である泌尿器科で受けられることをお勧めします。

(2020年08月28日 サンデーうべ・ワイド掲載)

いそやま泌尿器科クリニック院長
磯山 理一郎先生
いそやま泌尿器科クリニック 磯山先生

■プロフィル

昭和56年:熊本大学医学部卒業 山口大学医学部講師(泌尿器科)
平成2~12年:宇部興産中央病院(泌尿器科部長)
医学博士 日本泌尿器科学会専門医 日本透析医学会専門医

過去の相談