宇部市・山陽小野田市・山口市の「このまち医療ガイド」

医療相談Q&A こんな症状には
どうすればいい?

先生に教えて欲しい様々な質問に、わたしたちの街のドクターが答えます!
サンデーうべ・ワイドで掲載中の「医療相談Q&A」「先生おしえて!!」の記事を掲載しています。

Q.

この春に高校進学を控えた子供の事で相談です。試験に合格したらスマートフォンを買い与えることを約束しています。知り合いの中にはスマートフォンで夜通しゲームやネット動画を見たりして、学校に行かなくなったお子さんもいます。「ゲーム中毒」といわれているようで、手がつけられずに困っていらっしゃるようです。これは誰でもかかるものなのでしょうか?
(40歳代 女性)

A.

 この原稿を書いている時点では、いわゆる「ゲーム依存症・ネット依存症」は正式な病名ではありません。しかし、WHO(世界保健機関)が今年公開予定の国際疾病分類(ICD)の最新版「ICD-11」に「ゲーム症・障害」として採用される見通しです。「人生における他の関心事よりもビデオゲームをすることが優先される」状態になれば、ゲーム依存症(いわゆるゲーム中毒)と考えて良いと思います。原因は色々と言われていますが、特にネットゲームの場合は現実社会でのコミュニケーションに疲れ、精神的な居場所、人間関係を求めて熱中する場合がほとんどです。予防としては、ただ単にネットやゲームから切断するだけでなく、現実世界での充実した人間関係や成功体験、そのほかの楽しい生活を送ることが重要と考えられています。
 スマートフォンを買い与えることを約束しておられるようですが、維持費用は回り回って親御さんが負担することになりますので、「与える」のではなく「貸与」という形にすることが将来、ゲーム依存・スマホ依存になったときに回復しやすくなると思われます。また、夫婦間での認識が異なると後々の問題となります。これは大事な問題なので、高校入学までにスマートフォンの使い方については先に夫婦で話し合い、その後に親子で取り決めをして、その結果を書面に残しておくと良いでしょう。

(2018年02月28日 サンデーうべ掲載)

波乗りクリニック院長
小早川 節先生
波乗りクリニック小早川先生

■プロフィル

平成10年 山口大学医学部卒業
日本プライマリ・ケア連合学会指導医・総合診療医
同大附属病院総合診療部を経て、平成26年5月 在宅療養支援診療所「波乗りクリニック」開設

過去の相談