宇部市・山陽小野田市・山口市の「このまち医療ガイド」

医療相談Q&A こんな症状には
どうすればいい?

先生に教えて欲しい様々な質問に、わたしたちの街のドクターが答えます!
サンデーうべ・ワイドで掲載中の「医療相談Q&A」「先生おしえて!!」の記事を掲載しています。

Q.

在宅医療って何ですか?どんなことをしているのですか?

A.

 在宅医療は、通院困難の患者さんが自宅や施設等で受ける医療を指します。患者さんの多くは高齢であったり様々な病気を抱えていますが、若い方や、一時的に在宅医療を利用して外来通院に戻る方もおられます。
在宅医療はどんなことができるでしょうか。「住み慣れた場所で診療所のように診察を受けることができる」と考えてください。医師、看護師、リハビリ、薬剤師、歯科医師、ケアマネージャー、ヘルパー…多くの職種とチームを組んで、その患者さんに合わせた医療を提供します。どんなチームを組むか、それは患者さんとご家族の意向によります。依頼を受けたら御希望を丁寧に聞いた上で会議を重ね、メンバーを決定し、患者さん含めみんなで必要となるものを考えます。例えば癌患者さんなら痛み止めの調整や持病の薬の調整、介護ベッド、身の回りの介助、家族への病状説明などです。稀に同居している方も治療が必要となり、併せて診療することもあります。病気があっても自宅で過ごしたい患者さんの思いを叶えるために私たちは日々研鑽を積んでいます。
在宅医療を希望される場合は主治医の先生もしくは近くのお医者さんに相談してみてください。

(2019年05月03日 サンデーワイド掲載)

生協小野田診療所内科・家庭医療科
在宅医療科
玉野井 徹彦先生
玉野井先生

■プロフィル

家庭医療専門医、山口大学総合診療プログラム総合診療専門研修一研修統括責任者、産業医

過去の相談