宇部市・山陽小野田市・山口市の「このまち医療ガイド」

医療相談Q&A こんな症状には
どうすればいい?

先生に教えて欲しい様々な質問に、わたしたちの街のドクターが答えます!
サンデーうべ・ワイドで掲載中の「医療相談Q&A」「先生おしえて!!」の記事を掲載しています。

Q.

障害を持った60代の独身の兄について相談です。若い頃からの身体障害があり、長年にわたって障害福祉サービスを受けています。相談支援専門員の人にも家族共々良くしてもらい、とても感謝しています。65歳になると障害福祉サービスが介護保険サービスに切り替わり、これまで受けていたサービスが受けられなくなると知り合いから聞きました。突然サービスが打ち切られるととても困ってしまうのですが、実際のところはどうなのでしょうか?(50歳代、女性)

A.

 結論から申し上げますと、すべてのサービスが一方的に打ち切られ、介護保険サービスに移行するというわけではありません。一部、どうしても介護保険サービスでカバーできないものについてはこれまでどおり、障害福祉サービスの利用が認められるケースもあります。もちろん「介護優先」の原則がありますので、これまで受けていた支援と同様の支援が介護保険サービスで受けられるのであれば、原則としてそちらに移行していくことになります。
 もちろん、介護保険サービスでは一定の割合で自己負担を求められることもありますし、戸惑いが多いのも理解できます。
 さて、市町村単位での判断になることが多いようですが、いわゆる「65歳切り替え問題」を前に64歳になった時点で一年間かけて(障害福祉サービスの)相談支援専門員と(介護保険サービスの)介護支援専門員(ケアマネージャー)の間で打ち合わせ、調整が始まります。
 いずれにせよ、医療・介護・障害支援の財政が逼迫してきていることから、現在使用しているサービスを漫然と利用し続けるのではなく、よりよい生活を送るために取捨選択して、必要なサービスは残し、優先度の低い不要なサービスは終了する等の検討が必要でしょう。
 現在の相談支援専門員の人とよく話し合うことが、65歳になって「こんなはずではなかった」という後悔をしないための第一歩と思われます。

(2019年08月28日 サンデーうべ掲載)

波乗りクリニック院長
小早川 節先生
波乗りクリニック小早川先生

■プロフィル

平成10年 山口大学医学部卒業
日本プライマリ・ケア連合学会指導医・総合診療医
同大附属病院総合診療部を経て、平成26年5月 在宅療養支援診療所「波乗りクリニック」開設

過去の相談