宇部市・山陽小野田市・山口市の「このまち医療ガイド」

医療相談Q&A こんな症状には
どうすればいい?

先生に教えて欲しい様々な質問に、わたしたちの街のドクターが答えます!
サンデーうべ・ワイドで掲載中の「医療相談Q&A」「先生おしえて!!」の記事を掲載しています。

Q.

近頃、徐々にですが夜間にたびたび尿に行くようになりました。昼間はむしろあまり行きません。夜寝た気がしません。どうしたものでしょうか?(71歳男性)

A.

 夜間就寝中に2回以上排尿に起きれば、夜間頻尿といえます。標準的には1日に7~8回の排尿で1.0~1.5リットルの尿量といわれますが、男女とも年とともに、昼間より夜間の尿量自体が多くなってきます。原因は歩行や動くことが減り、心臓の血液・体液を汲み上げる力も弱くなり、体の組織も緩んでくるので、水分が重力に負けて下肢に貯まります。夜間就寝して横になると、水分が血管に戻ってきて尿となる上に、尿量を減らす脳下垂体のホルモンも年齢につれて減少し、夜間尿量が増えて来るからです。その上、男性は膀胱の出口にある前立腺が年齢につれて大きく腫大(前立腺肥大症)し、排尿を障害して残尿を増加し、かつ膀胱を刺激するため一層夜間頻尿になります。特に注意が必要な近年急増中である「前立腺癌」も症状は同様となりますが、採血でPSAを検査すれば見つける事ができます。
 前立腺肥大症も前立腺癌も、今日ではいろいろな治療法があります。専門である泌尿器科の受診をお勧めします。

(2019年11月13日 サンデーうべ掲載)

いそやま泌尿器科クリニック院長
磯山 理一郎先生
いそやま泌尿器科クリニック 磯山先生

■プロフィル

昭和56年:熊本大学医学部卒業 山口大学医学部講師(泌尿器科)
平成2~12年:宇部興産中央病院(泌尿器科部長)
医学博士 日本泌尿器科学会専門医 日本透析医学会専門医

過去の相談