宇部市・山陽小野田市・山口市の「このまち医療ガイド」

医療相談Q&A こんな症状には
どうすればいい?

先生に教えて欲しい様々な質問に、わたしたちの街のドクターが答えます!
サンデーうべ・ワイドで掲載中の「医療相談Q&A」「先生おしえて!!」の記事を掲載しています。

Q.

認知症になりやすくなる要因は何ですか?

A.

 診療所でよく聞かれる質問です。要因を挙げると、年齢・遺伝(家族の認知症歴)・血管障害(心筋梗塞や脳梗塞など)・糖尿病・薬剤・生活習慣(肥満、喫煙、過度の飲酒)などです。
 年齢は大きな要因です。生涯で認知症になる可能性は約17%と言われ、年をとるほど可能性は高くなり、85才以上の2人に1人(海外では、3人に1人)は、罹患するという推計もあります。遺伝も要因の一つですが、加齢も遺伝も防ぐ処方箋はありません。私達が認知症を防ぐために出来ることは、生活習慣を整えて、血管障害・糖尿病などの生活習慣病にならないことです。
 生協小野田診療所では、薬はなるべく必要なものに絞って処方し、患者さんの持病以外、健康全般にも注意を払って診察しております。
 皆さんが普段から検診を受けることも予防の一つです。ぜひ受けましょう!

(2019年10月04日 サンデーワイド掲載)

生協小野田診療所内科・家庭医療科
在宅医療科
玉野井 徹彦先生
玉野井先生

■プロフィル

家庭医療専門医、山口大学総合診療プログラム総合診療専門研修一研修統括責任者、産業医

過去の相談